学校での講義

こんにちは。株式会社ミナアスです。

 

今月は外部講師を3件務めさせていただきましたので、ご紹介します。

 

1.11月15日(月)駒澤大学 経済学部 キヤリアデザインbにて

株式会社ミナアス 代表取締役 山本健二

弊社顧問川村稔が非常勤講師を務める駒澤大学経済学部キヤリアデザインbにて、今年も「働くことを考える」というテーマで90分の講義を行いました。

リモートで1年生を対象に約300名の生徒が受講。

昨年も同学部で同様の講義を行っています。

 

2.11月20日(土)城西国際大学 福祉総合学部 福祉総合学科 精神保健福祉援助実習Ⅱにて

株式会社ミナアス 事業支援課 工藤香代

本来は精神保健福祉士国家試験受験資格取得のための医療機関実習にあたる部分でしたが、新型コロナウィルス感染症の影響により、その代替として学内での実習となり、自身も精神疾患を持つ当事者である工藤が話をさせていただくことになりました。

12名の生徒が受講。当日は城西国際大学が入試のため、リモートで行いましたが、質疑応答も行いました。

千葉県には「千葉県ピアナッツ.net」という、千葉県でメンタルヘルスのピアサポートに関わる人たちの集まりがあり、工藤はその団体で事務局長も務めています。

 

3.11月26日(金)千葉県立夏見特別支援学校 産業社会にて

代表取締役 山本健二

事業支援課 工藤香代

千葉県立夏見特別支援学校では3年生を対象に、山本からは雇用主として、また支援者として、工藤からは当事者として、社会に出て大切なこと、何のために働くのか等、「働くことについて」お伝えさせていただきました。

 

「働くことについて」という点では、駒澤大学でも夏見特別支援学校でも、弊社としては「さわやかな挨拶が大事」と考えています。

しかも、「言葉遣いは1番簡単に出来る身だしなみ」とも言われている通り、挨拶はすぐに実践できるところが良いですね。

皆さんもぜひ、さわやかな挨拶を実践してみてください。

 

今後も職員全員がそれぞれの経験を活かし、会社の枠を越え、次の世代へバトンを繋いでいきたいと考えています。

講師依頼がありましたらお気軽にご相談ください。

 


山本健二
26歳で株式会社ニチレイ本部中央書記長に就任、38歳で産業別組織フード連合の副事務局長、40歳で事務局長に就任、労働政策審議会、有識者会議、労働審判員等を歴任
現在は株式会社ミナアス代表取締役として尽力

川村稔
面接・採用アドバイザーとして数多くの民間団体、公共団体をサポート。2010年より駒澤大学非常勤講師、2020年より株式会社ミナアスの顧問として個人と社会の幸福発展に尽力

工藤香代
13歳で精神を患い、27歳まで引きこもり生活を送る。28歳から就労移行支援に通い、30歳で障害福祉職員として初就職。2019年1月、株式会社ミナアスに入社。就労継続支援A型事業所リンクアップ津田沼 生活支援員を経て、現在は事業支援課として会社をサポート。
平成27年度一般社団法人日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構による研修修了。ピアサポート活動にも尽力。